「神さまのいる書店 冬を越えて咲く花 (角川文庫) / 三萩せんや」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「神さまのいる書店」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「神さまのいる書店」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「神さまのいる書店」シリーズの2巻の感想
  • 「神さまのいる書店」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「神さまのいる書店」シリーズの2巻のあらすじ

本と友達になれるなんて、とっても素敵なことだと思わない?
第2回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉受賞。感動の書店ファンタジー第2巻!
魂の宿る「まほろ本」を扱う、まほろば屋書店にやってきた新しい仲間。それは、“自傷””する本だった――。
まほろば屋書店でのアルバイトに夢中のヨミに、姉・エイコは「受験勉強、ちゃんとしてるんでしょうね?」と釘を刺す。そんなエイコに、ひょんなことから「まほろ本」の存在がバレてしまい――?

引用元:BOOK☆WALKERより

「神さまのいる書店」シリーズの2巻の感想

ヨミはまほろば屋書店でアルバイトし、日々成長していく。

しかも、サクヤとのやりとりは初々しくいい雰囲気で微笑ましい。

本と読者が両思いになったことで、サクヤはまほろ本から人間になったから、ぎこちなさがあって2人のことを応援したい気持ちにさせてくれる。

そんなある日に、まほろば屋書店に新たな仲間が来る。

ただ、新たな仲間であるメイは自傷癖があるが、ヨミはなんとかしたい気持ちで奮闘する。

徐々に仲が深まりつつあるヨミとメイは、過去にあったことを伝えられる。

それは悲しくもあるが、まほろば屋書店とヨミに出会って、メイは幸せ者だなと感じる。

エイコはヨミに進路のことを言われる。

姉妹仲は良さげで、やりとりが微笑ましい。

さらに、まほろ本に関することを伝えられて、ヨミはその本を探すことに。

マツの過去は、メイの過去とは真逆で、心温まる気持ちになる。

ヨミとエイコの祖母との思い出などは感動する。

ヨミの成長も、サクヤとの関係も、これから先にどんな本と出会うのかが楽しみです。

「神さまのいる書店」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「神さまのいる書店」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「神さまのいる書店」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「神さまのいる書店」シリーズの2巻の感想
  • 「神さまのいる書店」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました