当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」シリーズ全巻のあらすじ・感想

この記事は約2分で読めます。

今回の記事は、「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログです。

「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」シリーズは1巻まで刊行されており、各巻のあらすじと感想を紹介しています。

「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」のあらすじ・感想

「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」のあらすじ

第20回スニーカー大賞《特別賞》受賞作!

高校生・荒波浩之(あらなみひろゆき)の部屋に、天井をぶち抜いて現れた美少女サラサ。やる気のないジト目な彼女は、天使学院卒業試験の追試で人間界に送られた天人(てんじん)界の住人だった!
人間界で契約者(パートナー)を幸せに導けなければ、劣等生サラサは天使になれず、天人界にも戻れないのだが。
サラサにはまったくその気がなく、ジャージ姿で煎餅をバリボリ……。

ぐうたら天使候補生を愛でる? 日常観察系ラブコメ!

引用元:版元ドットコム

「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」の感想

浩之とサラサの出会いが自分の部屋の天井からにょきんと生えたサラサの首ってインパクトがあります。

リアルであればホラーだけど。

しかも、浩之とサラサの会話がテンポがよくパロディネタが含まれていて笑えました。

「人間を幸福にする」という天使の使命なのに、「ニートになる」と宣言するけど、ジト目でぐうたらサラサ可愛い。

昼夜逆転生活をしているサラサを見かねて、浩之が外に連れ出す。

浩之の親友たちと出会い、ゲーセンで遊んだりご飯食べたりする。学校にも行くことになる。

サラサが適当につけた名前が「サラサ・アルバラード・ルイス・ゴンザレス」って長い。

「ニートになる」と宣言したのが嘘のように改心したサラサ。

ぐうたらなサラサとの日常的になやり取りが楽しく感じていたけど、学校内での友人たちとの日常もほのぼのとしてていい。

>>>目次に戻る

「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」シリーズ全巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は、「じっと見つめる君は堕天使(角川スニーカー文庫)/にゃお」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログでした。