「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい 8 (アース・スターノベル) / ちょきんぎょ。」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻の感想
  • 「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻のあらすじ

異世界に、美少女吸血鬼として転生したアルジェ。
数多くの人々を救いつづけ、ついには反乱軍と共に帝都に突入することに!?

そこで現れたのは帝国軍と虚ろなる最悪の吸血鬼、そして強大なる帝王と3人目の転生者!
少女たちの最後の戦いが始まる!!!

コミカライズも大人気の『吸血鬼さん』、最大の決戦、そして幸せな大団円です!

引用元:BOOK☆WALKERより

「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻の感想

アルジェは、帝国反乱軍と一緒に旅をしてきた仲間たちと帝国に向かう。

玖音の家のことで、1人で解決をしようとして暴走をしてしまうが、クズハが手を差し伸べるところは感動する。

前世では得られなかったものが、異世界で得られたアルジェは、友達と共に手を取り合って進もうとする姿に、微笑ましい気持ちになる。

帝国との戦いは見ごたえがあり、ワクワクする展開。

アルジェを助けるために、援軍が駆けつけたりするから、本当に愛されているのが微笑ましい。

ただ、キャラの個性が全面に押し出されて、緊迫した状況なのに緩い雰囲気のやりとりが面白い。

それぞれのやりとりも面白いが、アルジェとのやりとりは微笑ましい。

ぐうたらで面倒くさがりなのに、お節介なアルジェだからこその人望。

これからも友達と仲睦まじく、日常をおくってほしいと願ってしまう。

「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

2021年6月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻の感想
  • 「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント