「新妹魔王の契約者Ⅺ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻のあらすじ

全ては――この瞬間のために。いよいよ最終局面に突入!!
最後まで結ばれる事で至った主従の誓約と、五行の相生を経て、再び斯波との戦いに臨む刃更達。しかし、待ち受ける斯波もまた『四神』や『黄龍』の他に、新たな存在を呼び出して――。未来を見据えた刃更の決断は!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻の感想

窮地に陥ったが長谷川によって助けられ、斯波と再び戦うために刃更たちは準備をする。

刃更たちの特有のやり取りで、強化するとともに五行も用いることに。

最初からエロさが爆発的で、ワクワクする展開でした。

強化と五行を用いた澪たちは、四神に立ち向かう。

途中から穏健派・現魔王派連合が、斯波側についたバルフレアを捕縛しに介入するところは熱い。

刃更たちを「聖域」する判断をしたが、助けるには問題があるのに、現魔王派がバルフレアの捕縛を免罪符にする。

ただ、穏健派が却下することもできるが、ラムサスも助けたいという気持ちがあり、承諾したんだと思うと感慨深い。

セリスと高志も駆けつけるのも熱い。

こちらも免罪符を用いているが、刃更を助けたいという気持ちがヒシヒシと伝わる。

斯波と刃更の戦闘シーンは苛烈さも迫力があり、ワクワクドキドキするほど興奮する。

澪たちもそれぞれの戦いも、黄龍での連携して戦いも、今まで以上に迫力があり大興奮しました。

今回も、エロさあり、バトルありで、ハラハラドキドキしワクワクドキドキができて楽しめました。

「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

10巻の感想は、下記を参照ください。

>>「新妹魔王の契約者Ⅹ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

コメント