「妹さえいればいい。7(ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

interests
interests
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「妹さえいればいい。」シリーズの7巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「妹さえいればいい。」シリーズの7巻のあらすじ
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの7巻の感想
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「妹さえいればいい。」シリーズの7巻のあらすじ

お付き合いはじめました。

ついに付き合うことになった羽島伊月と可児那由多。恋も仕事も充実して、ますますリア充真っ盛りとなる2人。そんな2人の交際をきっかけに、羽島千尋、白川京、不破春斗、それから何故か大野アシュリーの心境にも変化が訪れるのだった。千尋の前には新たなライバルが出現し、春斗は彼を慕う新人作家(巨乳)・相生初に熱いアプローチを受ける。近づいてくるクリスマスの足音。変わりゆくもの、変わらないもの。大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第7弾! 作家や税理士や女子大生たちの、新たな物語が幕を開ける――。

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズの7巻の感想

伊月と那由多が恋人になった後の、周りの反応はあまり騒ぐような感じではないが、明らかに変化をもたらしている。

出会いはあれですが、那由多は伊月のことを一途に思い続けていて、成就したことで暴走してあるトラウマを伊月に植え付けることになる。

そんな那由多は可愛いところでもある。

伊月や春斗、那由多の後輩作家たちもキャラが濃い面々で、今後の関わりでどんな展開を繰り広げられるのか気になる。

青葉が可愛い。

伊月の尊敬する作家「関ヶ原幽」のエピソードは感想する。

生き様がカッコいいし、アシュリーと海津のと友情もいい。

随所で登場していたら、また違った展開になっていたのではと思うが、そんな展開にならないという寂しさがある。

海津と春斗は似ている。

春斗は伊月を越えることを目標にしていたのと同じように、海津は幽を越えることを目標にしていた。

幽が居ない今では海津の目指している目標は違った形にはなっているけど、健康に気を遣い平凡な作家生活を後輩に示し続ける覚悟はカッコいい。

「妹さえいればいい。」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

「妹さえいればいい。」シリーズは、BOOK☆WALKERの読み放題で2021年11月末までの期間で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


さいごに

今回の記事の内容は

  • 「妹さえいればいい。」シリーズの7巻のあらすじ
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの7巻の感想
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

「妹さえいればいい。」シリーズ6巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。6(ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

関連記事

平坂読さんの作品「妹さえいればいい。」のシリーズをまとめた記事は、下記をご参照ください。

関連>>>ラノベ「妹さえいればいい。」シリーズまとめ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました