「咎人の刻印 ジャック・ザ・リッパー・ファントム (小学館文庫キャラブン!) / 蒼月海里」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「咎人の刻印」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「咎人の刻印」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「咎人の刻印」シリーズの2巻の感想
  • 「咎人の刻印」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「咎人の刻印」シリーズの2巻のあらすじ

《吸血鬼×殺人鬼》の暗躍、新たなる幕開け

「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無と、彼の前に現れた吸血鬼・御影。彼らは闇にうごめく「咎人(トガビト)」という異能者だ。咎人とは、罪を犯して人の道を外れ、その罰の証の如く「聖痕(スティグマ)」と呼ばれる刻印を身に宿した者達の総称。咎人は個々の特殊な能力を使い、戦うことを宿命づけられた存在なのだった。
愛を知りたい神無は、愛を教えるという御影とともに、都心の古びた洋館で暮らし始めた。それと時を同じくして、蛇の道は蛇ということで、同じ咎人がらみのトラブルを解決するために御影と組んだ神無は、同類相手の戦闘を繰り返すことに。一方、警視庁内部に密かに存在する「異能課」では、咎人を狩る使命を帯びた男が、頻発する「切り裂きジャック事件」の犯人として神無を追い詰めようとしていて……?
「咎人」たちの血塗られた戦いの物語は、一体どこへ向かうのか。究極のダークファンタジー、第二弾!

引用元:Amazonより

「咎人の刻印」シリーズの2巻の感想

「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無と、彼の前に現れた吸血鬼・御影の2人は、咎人がらみのトラブルを強力して解決に導く。

やりとりは少しBLっぽさがあるものの微笑ましい光景である。

ただし、2人とも咎人でもある。

咎人は罪を犯して人の道を外れ、「聖痕(スティグマ)」と呼ばれる刻印を身に宿した者とされているが、それぞれになってしまった経緯がある。

今回、纏と高峰も当てはまるエピソードがあり、切ない気持ちになる。

神無と高峰の戦闘シーンは読み応えがあり、最中に行われているやりとりも面白い。

咎人は異能が使えるから、臨場感もあってハラハラドキドキする展開が楽しい。

東雲の登場する回数が少なかったが、纏や高峰との今後の絡みがあるか楽しみ。

さらに、神無と御影とのやりとりも。

「咎人の刻印」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「咎人の刻印」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「咎人の刻印」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「咎人の刻印」シリーズの2巻の感想
  • 「咎人の刻印」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント