当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「魔女の旅々2 (GAノベル) / 白石定規」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

今回の記事は「魔女の旅々」シリーズの2巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「魔女の旅々」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「魔女の旅々」シリーズの2巻の感想
  • 「魔女の旅々」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「魔女の旅々」シリーズの2巻のあらすじ

全シナリオ書き下ろし!! 話題作第二弾
あるところに魔女がいました。彼女の名はイレイナ。
旅人として、長い長い旅を続けています。
最強の武具を求める村人たち、結婚式から逃げだした王女、奇抜な格好の男、悩める衣装デザイナー、雪国の可哀想な少女、父親の遺産を探す賭博師、嘘をつけない国の王様、危険な爆弾を作った技術者、流浪の狩人たち、人間を魅了するネコ神さま……。
様々な国を訪れ、多くの人々との別れを重ねて行きます。そして思わぬ人との再会も。

「……次はどんな国でしょうね」

魔女の旅はまだまだ続きます。新たな別れと出会うために。

引用元:BOOK☆WALKERより

「魔女の旅々」シリーズの2巻の感想

イレイナがほうきに乗っていろんな国を旅をして、いろんな人に出会う。

国によっておかしな風習があったり、おかしな人がいたりで面白い。

ただ、哀しく切ないエピソードもある。

「逃げる王女。追うのは誰か」では、道中で王子や騎士や王女に出会う。

そして、おかしな展開になり、クスッと笑える。

「雪がとけるまでに」では、エリーゼの境遇に理不尽さを感じで胸が痛む。

登場する役人もエリーゼを救いたいのに救えないことに、不甲斐ない気持ちになっているのが切なさを感じる。

エリーゼの今後は幸せになってほしいと願ってしまう。

「正直者の国」では、久々にサヤと再会する。

魔女になれて本当によかったねって気持ちでいっぱいになる。

イレイナとのやり取りは、面白くて笑える。

「土産話」では、フランが恥ずかしがるところはかわいい。

イレイナが旅の途中で入手したネタで、フランに再会した時に、どんなふうになるのか期待してしまう。

「古びた国とネコ神さまの再生」では、イレイナは散々な目に合うが、ネコ神さまがかわいさに癒される。

イレイナ本人の語り口のため、毒舌なツッコミがあったり、いろんな人や国に行き、やり取りをするのが読んでいて楽しい。

今後、どんな国を旅をし、どんな人たちに出会うのかが楽しみ。

「魔女の旅々」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

2022年3月31日23:59までの期間限定で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「魔女の旅々」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「魔女の旅々」シリーズの2巻の感想
  • 「魔女の旅々」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

1巻の感想は、下記を参照ください。

>>>「魔女の旅々 (GAノベル) / 白石定規」の感想