「この世界、わたしに都合がいいようです! (角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻の感想
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻のあらすじ

“わたし”は“おれ”を取り戻す! 異世界の常識を打ち破る痛快コメディ!
人生初のデート直前に車に轢かれ、異世界へと転生した少年。
容姿端麗、地位は王族、美少女揃いの家臣たちにチヤホヤされ、
完璧セカンドライフが始まろうとしていた……そう、ただ一点を除いては!?

なんと、彼――いや彼女は「女」に転生していた!

美姫アウローラとして転生した元少年。男性より魔力の強い、
女性が権力を持つこの世界で、男性に戻ることはすべてを失うことと同義。
しかし、彼女は「俺は絶対に諦めない、いつか男に戻ってみせる!」と
秘書官であるメモリアに宣言する!

自由奔放なお姫様、「男」を求めて愉快な家臣たちと欲望の赴くままに大暴れ!
前代未聞の異世界・痛快コメディ、爆誕!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻の感想

アウローラは異世界転生する前は男の子だったから、女の子から男の子に戻るために奮闘する。

やりたい放題で、ぶっ飛んでいて面白い。

秘書官のメモリアとのやりとりは、微笑ましい気持ちになるとともに面白さを感じる。

アウローラとメモリアは幼なじみでもあるから、ほのぼのした雰囲気があり和む。

幼い頃のメモリアは病弱で、アウローラが世話をしたりするのは、仲睦まじい感じで微笑ましい。

今では逆になっていて面白い。

ベラトールは親衛隊隊長で、アウローラにとって姉のような存在だが、ベラトールもアウローラがかわいくて甘やかす。

ソフィアはアウローラの家庭教師をしていて、ベラトールと同じく姉のような存在で、口調が間延びしているから緩い雰囲気になる。

ベラトールとソフィアは幼なじみの関係で、やりとりが微笑ましく、2人ともアウローラを愛らしくて子供扱いをする。

2人に子供扱いされるアウローラはかわいいから癒される。

アウローラは男の子になるのはできるのか楽しみ。

今後のアウローラたちのやりとりも。

「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年4月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻の感想
  • 「この世界、わたしに都合がいいようです!」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました