「鎌倉あやかしシェアハウス (双葉文庫) / 遠藤遼」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「鎌倉あやかしシェアハウス」の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「鎌倉あやかしシェアハウス」のあらすじ
  • 「鎌倉あやかしシェアハウス」の感想
  • 「鎌倉あやかしシェアハウス」が読めるサブスク紹介

について書いています。


「鎌倉あやかしシェアハウス」のあらすじ

子どものころからから霊が「視える」体質の宮原景子は大学卒業後、
小さな会社に就職するが、社長が夜逃げして、路頭に迷ってしまう。
困った景子が、よき理解者である祖母に相談したところ、
鎌倉にある「孔雀荘」というシェアハウスの管理人になってくれるよう頼まれる。
しかし、その「孔雀荘」の住人は、神様やあやかしを筆頭に、
見習いの陰陽師、訳ありの詐欺師など、
一癖も二癖もある人間(+あやかし)ばかりだった!
クスリと笑えてじんわり泣けるハートウォーミングあやかしストーリー。

引用元:Amazonより

「鎌倉あやかしシェアハウス」の感想

祖母がやっているシェアハウスで、管理人代理をすることになった宮原景子。

きっかけは会社の社長ならびに社員が夜逃げをしていまい路頭に迷う。

祖母に相談したら、骨折で入院をしていて、代理をすることに。

「孔雀荘」の住人は個性的な方々で面白い。みんないい人そうで、喧嘩っぽいこともあるけど、仲の良さを感じるやりとりはほのぼのとする。

子猫のココが猫まんまを好きで食べるのがかわいい。

一癖も二癖もあるが、接するうちに、景子と「孔雀荘」の住人のやりとりは微笑ましく思う。

景子の祖母は普通と言うが、普通ではないほど素晴らしい方で、普通って言ってしまえるのも凄い。

偉ぶることもせず、「孔雀荘」の住人と一緒に暮らす。

なかなか出来ないことを当たり前のようにやっているから、「孔雀荘」の住人が信頼しているんだと感じる。

「鎌倉あやかしシェアハウス」が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「鎌倉あやかしシェアハウス」の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「鎌倉あやかしシェアハウス」のあらすじ
  • 「鎌倉あやかしシェアハウス」の感想
  • 「鎌倉あやかしシェアハウス」が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント