「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う (角川スニーカー文庫) / 昼熊」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻の感想
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻のあらすじ

異世界で始まる”自動販売機”の大冒険!? 「小説家になろう」で話題沸騰の新感覚迷宮ファンタジーが開幕!
交通事故に巻き込まれた「俺」は、目が覚めると見知らぬ湖の前に立っていた。
体は動かず、声も出せず、訳もわからぬ状況に混乱し叫び出すと予想だにしない言葉が――!?
「あたりがでたら もういっぽん」
ど、どうやら俺は自動販売機になってしまったらしい……!
選択出来る行動は自動販売機の機能””のみ””。自力で動くこともできず、会話もまともにできない
状況で異世界のダンジョンを生き抜く事は出来るのか!?
小説投稿サイト「小説家になろう」で話題沸騰!
ダンジョンの奥深くで出会った少女と自販機を描く、新感覚迷宮ファンタジー開幕!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻の感想

交通事故に巻き込まれて、自動販売機に転生した主人公。

自分からは動くことも話すこともできない。

ただ、自動販売機マニアだから、救いではあるような気もする。

話すことはできないけど、自動販売機の機能を発することができるから面白い。

しかし、交流面では苦戦する。

ダンジョンで出会った少女・ラッミスは、怪力の加護があり、自動販売機になった主人公を運んでくれる。

しかも、主人公に名付け親になる。

ラッミスに名付けてもらった自動販売機の主人公・ハッコンは、さまざまな人たちに囲まれて、どんどん交流を深める。

悪さをする人もいるが、いい人がたくさんいて、ほのぼのとして和む。

ハッコンとラッミスはともに過ごすことで、ラッミスがハッコンに懐いているのが、微笑ましさのあるやりとりを繰り広げる。

今後の2人がどんなやりとりし、どんな冒険をするのかが楽しみで仕方がない。

「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻の感想
  • 「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント