「エロマンガ先生(11) 妹たちのパジャマパーティ (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は『エロマンガ先生』シリーズ11巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの11巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの11巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの11巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

について書いています。


『エロマンガ先生』シリーズ11巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

『エロマンガ先生』シリーズ11巻のあらすじ

紗霧たちのコイバナが炸裂!? ひみつのパジャマパーティ開催!
 エルフの猛アプローチによって、マサムネは紗霧と喧嘩をしてしまう。
 悩める兄妹は、それぞれ親しい人たちに恋愛相談を始めるのだが……。
 智恵やめぐみ、鈴音と恋バナをすることになったマサムネは、カラオケボックスの個室に連れ込まれて……。
 一方紗霧が、恋愛相談の相手として選んだのは、とある妹好きのオタク美少女で……。乗せられた紗霧は、『新妻妹』へと進化する。
 和泉家で催されたパジャマパーティに集ったのは、紗霧、ムラマサ、めぐみ、アルミ、京香。
「私の」「あたしの」「オレ様の」
「好きな人は――――」
 女の子だけの恋バナで、彼女たちの秘められた想い人が明らかになる――!

引用元:BOOK☆WALKERより

『エロマンガ先生』シリーズ11巻の感想

マサムネの就寝中にエルフが来て、沙霧にバレて怒られるところは、微笑ましい気持ちになる。

ただ、エルフは散々な目には合うが、自業自得なことだから仕方がない。

沙霧とエルフの仲の良さも感じられる。

智恵に愚痴を言うところは面白いやり取りで笑えます。

交互にツッコミを入れたりする仲の良さがあるが、智恵は何かを狙っているような雰囲気がある。

めぐみと智恵のやり取りも楽しいが、鈴音とめぐみのやり取りも楽しい。

めぐみは小悪魔なところがあるが、鈴音は悪魔が聖女のふりをしている感じがある。

京香が酒に酔うと子供っぽくなるのはかわいい。

普段と違う一面でギャップがある。

パジャマパーティーでは、紗霧、ムラマサ、めぐみ、アルミ、京香のそれぞれの恋バナには癒される。

アルミが京香に酒を勧めたりして、みんなのテンションにさせるところは、面白くて笑える。

めぐみがデレるところはめちゃくちゃかわいい。

草薙の仕事に対する姿勢を語られている場面ではカッコよさを感じる。

綾を弟子にした後からおかしなことになっていた分、一言一言が胸に突き刺さる。

真希奈と月見里のやり取りが仲睦まじく微笑ましい。

成人した女性が子供っぽい喧嘩をするところは仲の良さを感じる。

真希奈の発言に月見里の驚くところは面白く笑える。

ただ、月見里の恋バナは重すぎる。

『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介

2006年、第12回電撃小説大賞に『十三番目のアリス』で第三次選考に残りデビューしました。

2008年から発表しているシリーズ作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もあり、2010年10月に深夜帯でテレビアニメ化もされました。

同作のアニメ版の第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」では脚本も担当しています。

2013年より刊行された『エロマンガ先生』は2016年にテレビアニメ化が決定し、2017年4月より放送されました。

同アニメ版の第8話「夢見る紗霧と夏花火」や、第11話「二人の出会いと未来の兄妹」、第12話「エロマンガフェスティバル」では脚本を担当している。

『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

かんざき ひろは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も担当されています。

  • 織田広之
  • Hiroyuki ODA
  • 鼻そうめんP
  • HSP

などの別名義でイラストレーター以外にも、アニメーターや作曲家、編曲家としても活動もされています。

さいごに

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの11巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの11巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの11巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

についてでした。

関連>>>「エロマンガ先生(10) 千寿ムラマサと恋の文化祭 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

関連>>>ラノベ「エロマンガ先生」シリーズ全巻まとめ

コメント