当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「ギルドのチートな受付嬢 5 (モンスター文庫) / 夏にコタツ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻の感想ブログです。

今回の記事の内容は

  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻のあらすじ
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻の感想
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻のあらすじ

ドジっ子の神様により、間違えて命を奪われた秋野友昭。
お詫びにとチートし放題の転生を持ちかけられ、生まれ変わるも、
その姿はイリアスティアという名のエルフの女の子だった。
それから8年後、イリアスティアは、エルフの里で家族とともに何不自由なく暮らしていた。
しかしそんなある日、里に突如、警報音が響く。
子供たちを隔離し、何かを必死に隠す大人たち。
しびれを切らした彼女は【千里眼】を発動し、里を見渡す。
すると、大人たちが人間の死体を運んでいる姿が見えてしまい――。
チートなエルフは、いかにして才色兼備な受付嬢となったのか。
「小説家になろう」発の大人気シリーズ、待望の新章がスタート!

引用元:Amazonより

「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻の感想

使徒の思惑を助言によって、関わった者たちで解決したイリアは、ハクとともに以前お世話になったアンナのお墓参りに行く。

イリアとハクのやりとりは微笑ましくほのぼのとする。

道中でイリアは異世界転生後のことを回想される。

エルフの里で家族とともに何不自由なく暮らしていたが、守るためにスキルを磨いていたけど、ある時にイリアは守るための行動をする。

ただ、そのことでエルフの里のみんながイリアのことを恐怖してしまうのが切なく悲しい。

放浪している時にアンナとオリオンと出会い、少しの間だけだが、過去のモヤモヤを吹き飛ばすほどで感動。

今ではイリアはギルドの受付嬢として、さまざまギルド員に助言をしたりの日々をおくる。

今後どんなふうに展開になるのかが楽しみです。

「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻のあらすじ
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズの5巻の感想
  • 「ギルドのチートな受付嬢」シリーズが5巻が読めるサブスク紹介

についてでした。