「冴えない彼女の育てかた7(ファンタジア文庫) / 丸戸 史明」の感想

interests
interests
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻のあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻の感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻のあらすじ・感想

あらすじ

「仲直り」「すれ違い」「卒業」。変わる関係が招く未来は……。
春、恵と出会ったことを契機に始まった同人ゲーム製作。だが、土壇場でゲームの完成よりも英梨々の看病を取った倫也の行動が、恵の心に波を立てた。そして冬コミの終わりと共に、サークル内に大きな変化が訪れ――?

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

英梨々に強く言えない倫也に詩羽が、柏木エリと組んみたい思いをぶつけるところは感動する。

その思いを隠し続けていたのに、描けなくなった英梨々のことを過保護にしているのが、我慢できなかったんだろうなと思う。

詩羽は英梨々の絵に魅了されていることがわかる。

仲良く喧嘩するやり取りは、お互いを認めている証拠にもなっていて、微笑ましさと面白さがある。

恵と仲違いをしてしまう倫也だが、自分たちの作ったゲームをプレイをし、演出面などに恵の存在に気付き、仲直りをするため新たな企画を作る。

熱量が高い倫也だが、冬コミ後から低くなり、ウジウジしていたけど、企画を考えているところは、熱量を感じた。

フラットな感じの恵は、ゲーム制作に巻き込まれただけなのに、嫌な顔をせずに側に居てくれるのは、嬉しい気持ちになる。

新たな企画を詩羽と英梨々を巻き込もうとするが、また問題が発生してしまう。

今後、どんな展開になり、倫也と恵のサークルの作品はどんな風になるのか気になる。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

2021年11月末までの期間限定で、BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


さいごに

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻のあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻の感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました