アニメ『86―エイティシックス―』1話の感想

アニメ感想・レビュー

日々雑記の管理人の無月黒羽です。

 今回はアニメの感想を書いていきます。

 作品は『86―エイティシックス―』です。

感想

 迫力のある戦闘シーンから始まる。リアルすぎて、興奮した。原作は電撃文庫から出版されている。この作品は、難解な世界観だけどアニメ演出がよくて気にならなかった。

 前半はヴラディレーナ・ミリーゼ側が舞台で、後半はエイティシックス側が舞台になる。

 この演出が最高によかった。

 ヴラディレーナ・ミリーゼがシフォンケーキを食べるシーンが可愛かった。

 エイティシックス側は最前線での戦闘と日常が描写されている。

 その2つを舞台にした演出だから、どうやって切り替えるのかと思った。けど、ヴラディレーナ・ミリーゼがシュークリームを落下させたところで切り替わる。「なんこれ、最高の演出だ!」と心の中で叫んでた。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました