「うちの執事が言うことには(3) (角川文庫) / 高里椎奈」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻の感想
  • 「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻のあらすじ

若き当主とその執事。発展途上主従の事件簿!
父の後を継いで烏丸家当主となった花頴。新しい執事・衣更月との関係はまだギクシャクしているが、だんだんご主人様らしくなってきた。しかし新たなトラブルの火種が……発展途上主従の上流階級ミステリ!

引用元:BOOK☆WALKERより

「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻の感想

突然、父から烏丸家当主となった花頴は、半年を過ぎていて、なぜ当主を譲ったのかが謎だったが、どんどん伏線が回収されていき驚く。

鳳のアドバイスや花頴と衣更月が語るものを感じるのは、完璧過ぎるほどの執事だと思う。

そんな鳳を理想にしている花頴と衣更月だからこそ、花頴と衣更月の主従関係は強固なものではないが、今回で少し変わる予感があって、今後の2人がどんなやりとりを繰り広げられるのかが楽しみです。

連作短編でそれぞれの話が日常の謎で、解き明かすドキドキ感も味わえて、今回は今までの巻の伏線回収が、これからどんな日常の謎を解き明かすのかも楽しいの1つになる。

「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻の感想
  • 「うちの執事が言うことには」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント