「冴えない彼女の育てかたGirls Side(ファンタジア文庫) / 丸戸 史明」の感想

interests
interests
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideの感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideのあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideの感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideが読めるサブスク紹介

について書いています。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideのあらすじ・感想

あらすじ

――これは、少年が知ることのなかった、二人の少女の隠された物語。
『Blessing software』の原画担当・澤村英梨々とシナリオ担当・霞ヶ丘詩羽。宿命の好敵手である二人の出会いと、そして”あの事件”の裏側が今描かれる! ――そう、これは、倫也の知らない物語。

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

2つの中編の

  • 冴えない竜虎の相見えかた
  • そして竜虎は神に挑まん

で構成された作品です。

冴えない竜虎の相見えかた

英梨々と詩羽の出会いの話で、倫也も知らないこと。

お互いがお互いの作品に触れ、ファンになり仲良くしたいがために動くが、変な展開になり言い合いになる。

英梨々が変な妄想をして詩羽を困惑させるところが面白い。

出会い方が違っていれば、仲睦まじい感じのいい関係になっていたのかなと考えるが、仲良くしたい英梨々と詩羽の2人が仲良く喧嘩する関係もいい気がする。

そして竜虎は神に挑まん

詩羽視点で語られる作品で、7巻では語られなかったエピソードです。

倫也が恵と仲違いをして、悩みながらも仲直りしようと奮闘している時に、詩羽と英梨々は紅坂朱音と対峙する。

無茶ぶりをする朱音だが、作り込まれた企画に、詩羽が反応し英梨々がツッコミを入れるのは面白い。

紅坂朱音が今に至る存在になったから過去の話を町田さんが語るところは切なさを感じるが立ち向かった姿は尊敬する。

その企画は詩羽にとっては、悔しく悲しいことではあるが、7巻で倫也に柏木エリについて熱く語った一言が救いでもあり欲になる。

もう一度、柏木エリとダックを組み、一つの作品を作れるのだから。

今後の英梨々と詩羽の関係がどんな風になっていくのか気になるエピソードでした。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideが読めるサブスク紹介

2021年11月末までの期間限定で、BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


さいごに

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideのあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideの感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズのGirls Sideが読めるサブスク紹介

についてでした。

無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました