「とらドラ! (電撃文庫) / 竹宮 ゆゆこ」の感想

男性向けラノベ
男性向けラノベ

 過去に読んだことのある作品を今読んだらどうなるのかが気になり読んだ。

 フッと思ったから実行に移したけど、再読してよかったと思っています。

とらドラ! (電撃文庫) / 竹宮 ゆゆこ

あらすじ

桜舞う四月。高校二年。新しいクラス。目つきは悪いが普通の子、高須竜児は、ちっちゃいのに凶暴獰猛、”手乗りタイガー”と恐れられる逢坂大河と出会う。そして彼女は知ってはいけない秘密を知ってしまい――。それが竜虎相食む恋の戦いの幕開けだった!
いつもにこにこ、超マイペ-ス娘の櫛枝実乃梨、文武両道、勤勉実直、だけどちょっとずれているメガネ委員長、北村祐作も絡み、どこか変なメンツによる恋はすんなりいくはずもなく……!?
『わたしたちの田村くん』の竹宮ゆゆこ&ヤスが贈る超弩級ラブコメ登場!

引用元:Amazonより

感想

 再読です。久々に読んだが面白さが色褪せていない。竜児の家事スキルが凄いし、大河のドジっぷりが可愛い。

 意外と再読して思ったのは忘れている部分と忘れていない部分があること。

 午前2時に竜児の家に大河が乗り込むところなんて、「深夜に暴れるなよ!」と心の中でツッコミをいれてしまった。しかも、ラブレターの中身を入れ忘れた大河のドジっぷりに「可愛いな〜」と思った。

 アニメ版も観ているほど、この作品は好きです。また、2巻以降も読み、アニメも視聴しよう。

最後に

 これを機に過去に読んだことのある作品の再読もしていきます。

 次に読む本を決める時間も楽しい。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました