「ラ・のべつまくなし (ガガガ文庫) / 壱月龍一」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻の感想
  • 「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻のあらすじ

好きになった文学少女は……腐女子だった!

恋愛経験ゼロ。生真面目に純文学を志すも、希望とは裏腹にデビューしてしまった青年・矢文学。いつもの図書館で出会い、恋をした文学少女は、彼のファンで腐女子で……。カタブツとフジョシの純愛系ラブコメディ!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻の感想

矢文学は通称・ブンガクと友人の圭介に呼ばれている。

小説を書くことが好きなカタブツな青年で、祖父の影響で純文学を書く作家になったが、ある時に出版していた会社で純文学部門から撤退により、書くことができなくなる。

担当編集の霞美に、ラノベを書くことを勧められて、圭介の後押しで書く決意をする。

純文学にこだわりを持っているから迷いがあるが、ある日に図書館で明日葉と出会う。

二次元アレルギーでぶっ倒れて、介抱してくれる展開になり、明日葉は素敵な女性であると思う。

ファンでもあるから、微笑ましい感じもある。

圭介も驚くほどの衝撃で、やりとりが進むうちに、腐女子だと判明するが、かわいらしさもある。

恋愛経験もオタク知識もない学は、明日葉とデートをしたり、冬コミに行ったりする。

仲睦まじい雰囲気があり、ほのぼのとしてしまう。

ただ、二次元アレルギー持ちの学だが、圭介と恋人の柚の協力で、克服まではいかないが、ある程度まで耐えられるようになる。

友情を感じるとともに、柚の不思議ちゃんキャラがあり面白い。

明日葉も柚もかわいい反応に癒されて、今後の学と明日葉の2人の関係がどんなふうになっていくのかが楽しみ。

あとは、圭介と柚の関係も期待してしまう。

学と圭介の友情にも熱いものがあるから、どんなやりとりを繰り広げるかワクワクします。

「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻の感想
  • 「ラ・のべつまくなし」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました