「治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~8(MFブックス) /くろかた」の感想

新文芸
新文芸

今回の記事は「治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~」シリーズの8巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズは2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/

今回の記事の内容は
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの8巻の感想
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの8巻が読める電子書籍のサブスク紹介

について書いている記事です。

あらすじ

超個性的パーティ総動員!アマコの母親を救い出せ!!
ついに旅の最終目的地、獣人の国へやってきたウサト一行。
長年人間に虐げられた歴史を持ち、人間を激しく憎む獣人達が住まうこの国で、ウサトはかつてアマコと交わした約束、『眠りから覚めないアマコの母親を助ける』という大切な目的を果たさなければならないのだった。
ところが、獣人達も決して歓迎ムードではなかったが、思いのほか簡単にウサトはアマコの母親・カノコが眠る部屋へと案内される。そこでウサトはカノコへ治癒魔法を施すが、思いもよらない秘密が彼女には隠されていた。
カノコが目を覚まさない本当の理由、捕らえられたアマコ、人間に牙をむく獣人、そして突然現れた魔王軍の軍団長――ウサトに降りかかる火の粉は、もはや災害レベル!?
超展開の第八巻!回復要員と仲間達の絆に刮目せよ!!

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

旅の最終目的地に、アマコの母を救うために、獣人の国に到着。

道中でウサト一行は狙われるが、アマコの予知魔法とウサトの反射神経で回避する。

ウサトが人間離れしすぎて、化け物扱いされるのが、アマコたちはあまり気にしていない。

ぶっ飛んだことをすれば、ドン引きはするけど。

ウサトを弓で狙ったリンカは、逃げるがウサトに追いかけられて恐怖を覚える。

最終的に立場が逆転したのは笑える。

リンカとアマコが友達同士で、やり取りが微笑ましさがある。

アマコのコンプレックスである身長を話題にすると怒るのとか、ネアに対しては鷲掴みにして無表情でブンブン振り回すのは、アマコの可愛い部分の一つ。

ウサトはまたもや治癒魔法をぶっ飛んだ方法を思い付くが、ネアとともにドン引きするところは笑える。

今までの方法もヤバいぐらいぶっ飛んでいるのに、自分自身で封印するほどの自制心があるんだなと思った。

キャラの濃い面々ばかりでやり取りが楽しめるので、閑話では魔王視点のストーリーもあり今後の展開も気になる。

さいごに

今回の記事の内容は
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの8巻の感想
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの8巻が読める電子書籍のサブスク紹介

アニメ化を決定されたので、いつ放送されるのかが、楽しみにしている作品。

「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズは2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/
無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました