「治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~11(MFブックス) /くろかた」の感想

新文芸
新文芸

今回の記事は「治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~」シリーズの11巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズは2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/

今回の記事の内容は
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの11巻の感想
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの11巻が読める電子書籍のサブスク紹介

について書いている記事です。

あらすじ

ついにラスボス登場!?いざ決戦の時!!
激化していく魔王軍との戦いの中、ウサトは救命団として傷ついた味方を助けつつ、常識破りの戦法を用いて敵の軍団長を捕獲するなど、八面六臂の活躍を見せる。
そして勇者として戦線に立つカズキ、スズネも強力な武具を手に入れ、戦況は一気に連合軍に傾くかと思われたが、敵の総大将である魔王が動き始めたことで状況は一変してしまう。
直々に戦場へ現れた魔王に立ち向かうウサト達だったが、魔王の繰り出す強力な魔術の前になすすべなく、苦戦を強いられる。
絶体絶命かと思われたが、魔王は突如“余興”と称してウサト達に幻を見せる。
それは、遥か昔にこの世界に召喚された先代の『勇者』の記録。先代勇者の辿った数奇な運命と、魔王の思惑――ウサト達は、大きな決断を迫られるのだった。
手に汗握る展開の第十一巻。決着の時は近い!?

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

前巻から続きの魔族との戦闘から始まる。

ウサトはレオナとハイド、ニルヴァルナ王国の戦士たちと連携をとり、バルジナクと戦う。

スズネはアーミラと戦う途中で勇者の武器を手に入れ、カズキはコーガと戦う途中でスズネと同じく勇者の武器を手にする。

勇者の武器は人によって形状が違う。

スズネが手に入れた勇者の武器の時に、ウサトの記憶の中のスズネを知り、悶える場面は可愛いと思うとともに笑える。

戦闘シーンが迫力があり白熱していて興奮する。

スズネはぶっ飛んだ発言をするが、雷を身に宿すのはカッコいい。

魔王の強さは半端なく、今は失われている魔術を複数使用するため、ウサトとスズネ、カズキ、レオナでも歯が立たない。

先代の勇者の過去がシリアス展開過ぎるが、スズネの発言により和ませる。

アマコに似た獣人を見て、スズネが反応することろは、緊迫した場面でも笑わせてくれる。

閑話の先代の勇者と共に旅をしているカンナギの手記では、救ってくれた勇者のことを信じるところは可愛い。

さいごに

今回の記事の内容は
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの11巻の感想
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの11巻が読める電子書籍のサブスク紹介

アニメ化を決定されたので、いつ放送されるのかが、楽しみにしている作品。

「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズは2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/
無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました