「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 2 (GA文庫) / あわむら 赤光」の感想

男性向けラノベ
男性向けラノベ

私は1日1冊の本を読んで、ブログに感想を書いています。
ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は、「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」シリーズの2巻の感想ブログです。

BOOK☆WALKERの読み放題で2021年9月末までの期間限定で読める作品です。
アニメ化もされて、原作が気になっていました。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/

あらすじ

覚悟はしてるさ――俺が最強になればいい。痛快、新・学園ソード&ソーサリィ第2弾が早くも登場。激突――諸葉VS『白騎士』サー・エドワード! 愛する少女を縛る掟を、禁忌の魔術で打ち砕け!!<この> 「灰村君と交際しなさい、静乃」 学園最大の戦果をあげ、精鋭チームでも活躍し始めた灰村諸葉。その力は世界にたった六人しかいないランクSセイヴァーに匹敵するものだった。だがその能力ゆえに理事長――静乃の兄から目をつけられてしまう。諸葉を権力の歯車に巻きこみたくないと願いながら、漆原家の掟に逆らえず、密かに心を痛める静乃。その兄の野心と企みに、現ランクSの一人“白騎士”エドワードが加担し、事態は思わぬ様相に……。激突、最強対不敗!! 愛する少女の哀しき鎖を断ち斬る、前世共鳴の学園ソード&ソーサリィ第二弾。天地に轟け、禁忌の魔術――今、少年は不可避の運命を破壊するッ!!

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

今回は、漆原静乃の巻です。

静乃は能面な感じですが、灰村諸葉に対して、ガンガンにせめる。
楽しいときに、小さなえくぼができるところは、可愛さを感じる。

嵐城サツキに対して、からかう静乃も微笑ましく。
言い争ったりするけど、仲が良く見える。

メインヒロインは2人居て、それぞれに諸葉の前世に関わっている。
サツキは前世で諸葉と兄妹で、静乃は前世で諸葉と夫婦。2人が諸葉に対して、好意があり、イチャイチャする場面は和みます。

バトルシーンは緊張感が伝わってくるような迫力があり興奮します。

ストーリーの展開もテンポが良くて、ラブコメ感やイチャイチャ感もあり、アニメ版と同じぐらい楽しめる。

さいごに

「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>」シリーズが2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めて、あわむら赤光さんの他のシリーズでは「あるあるいは現在進行形の黒歴史」シリーズも全巻読めます。

\月額840円(税込)で15000作品以上!/
電子書籍ストアBOOK☆WALKER

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました