当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「江ノ島は猫の島である ~猫を眺める青空カフェである~ (マイナビ出版ファン文庫) / 鳩見すた」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「江ノ島は猫の島である」の2巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「江ノ島は猫の島である」の2巻のあらすじ
  • 「江ノ島は猫の島である」の2巻の感想
  • 「江ノ島は猫の島である」の2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「江ノ島は猫の島である」の2巻のあらすじ

猫と人がくつろげるカフェで癒やしのひとときを

――これは猫語を解する青年が、移動カフェを始めてから終えるまでの物語である。

猫の声が聞こえる小路は、同居猫のワガハイの提案で『移動カフェ ENGAWA』を始めることに。
お店も軌道にのり、今日も悩みを抱えた猫たちが訪れる。
そして猫や飼い主たちの悩みを解決していくなかで小路の心にも少しずつ変化が……。

猫に癒される青空カフェを舞台に紡がれる人間と猫のハートフルストーリー第2弾!

引用元:Amazonより

「江ノ島は猫の島である」の2巻の感想

小路は猫語を理解することで「人の手」を担いながら、移動カフェをやり始めて奮闘する。

半年間は働かずに、心身の疲れをとるとともに、稲村風咲と復縁も成し遂げる。

ワガハイのお節介さが、さまざまな猫や人を繋ぎ止めている。

猫たちも可愛くて、困りごとのほとんどが人に関わっていて優しさを感じさせる。

エピソードはどれも切なさはあるものの、猫と人が繋ぐ心温まる。

「江ノ島は猫の島である」の2巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「江ノ島は猫の島である」の2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「江ノ島は猫の島である」の2巻のあらすじ
  • 「江ノ島は猫の島である」の2巻の感想
  • 「江ノ島は猫の島である」の2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。