「芦屋ことだま幻想譚 (マイナビ出版ファン文庫) / 石田 空」の感想

interest
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は、石田空さんの「芦屋ことだま幻想譚」の感想です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「芦屋ことだま幻想譚」のあらすじ
  • 「芦屋ことだま幻想譚」の感想
  • 「芦屋ことだま幻想譚」が読めるサブスク紹介

についてです。

スポンサーリンク

「芦屋ことだま幻想譚」のあらすじ

ハウスキーパーの北村茜は、芦屋にある大きな日本家屋の家に派遣された。
そこに住んでいるのは変わりもの小説家・蘇芳望だった。
彼のところで働き始めて数日経った朝、最近近所で起きているボヤ騒ぎのことで警察がやってきた。
実は蘇芳は副業で“言霊遣い”をしており、暴走した言霊(言禍)が巻き起こす事件を解決していた…!

ファン文庫大人気シリーズ『神様のごちそう』の著者が描く、現代ダークファンタジー開幕!

言霊が具現化し禍(わざわい)を引き起こす――

引用元:版元ドットコムより

「芦屋ことだま幻想譚」の感想

言葉とは、時に人を傷つけ、時に人を助ける。ということを胸に刺さる作品でした。

蘇芳望が語る言葉の数々が感銘を受ける。

言霊の具現のモチーフが童話ってところがわかりやすく読みやすい。

本当に言葉の重みを考えさせられた。

私としては誰かを救う言葉を使いたい。そんな気持ちになりました。

「芦屋ことだま幻想譚」が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「芦屋ことだま幻想譚」のあらすじ
  • 「芦屋ことだま幻想譚」の感想
  • 「芦屋ことだま幻想譚」が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました