五十嵐雄策『乃木坂明日夏の秘密(3)』 (電撃文庫) の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻のあらすじ
  • 「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻の感想
  • 「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻のあらすじ

「父・裕人」襲来――!? そしてついに「母・春香」と邂逅する第3巻!
波乱の夏休みもあと僅か。 “夏のフラグ”回収のため、 夏祭りに海にとやはり狂瀾怒濤な毎日をおくる明日夏 と善人だが、それは迫り来 る惨劇(親子喧嘩)のほんの序章に過ぎなかった……。

引用元:BOOK☆WALKERより

「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻の感想

残りわずかの夏休みを善人と明日夏はすごす。

やりたいことを詰め込んだ感じではあるが、微笑ましい気持ちになる。

かき氷の時は善人の家でやり、夏祭りや海に行く。

夏休み前半は賑やかなメンバーだったが、善人と明日夏の2人でも楽しそうな感じで、仲が深まりつつあるのが和みます。

鈴音は明日夏に懐いていて、かわいい感じで癒される。

ただ、善人に対しては酷い言い方をするところが、兄妹仲がいいんだなと感じる。

クラスで合唱するために一丸となって頑張る姿は青春って感じがしていい。

花鳥風月の4人のテンションは、賑やかさを増す要素で、今後のやり取りに期待していまう。

静流といい、葉月といい、乃木坂家のメイド隊は音を鳴らさずに後ろにいるのは、ホラーでしかない気がする。

裕人と春香の登場は感無量な気持ちになる。

玄冬のような体になっている裕人は面白い。

乃木坂家の帝王学を習得すると、あんな風になるのかと考えると笑える。

ただ、裕人は裕人だったのが安心した。

春香も春香らしさがあり、ほのぼのとしていて、かわいさもあり癒される。

今後、裕人と春香の2人ともやり取りがあるのか期待してしまう。

どんな展開になるのか楽しみ。

「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻のあらすじ
  • 「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻の感想
  • 「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連>>>五十嵐雄策『乃木坂明日夏の秘密(2)』 (電撃文庫) の感想

関連>>>ラノベ「乃木坂明日夏の秘密」シリーズ全巻まとめ

関連>>>ラノベ「乃木坂春香の秘密」シリーズ全巻まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました