「盾の勇者の成り上がり2(MFブックス) /アネコユサギ」の感想

新文芸
新文芸

今回の記事は「盾の勇者の成り上がり」シリーズの2巻の感想ブログです。

「盾の勇者の成り上がり」シリーズは、アニメ化もされ、2019年1月に第1期が放送されました。

第2期と第3期は制作されることが決定しており、第2期は2022年4月からの放送する予定になっています。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事では
  • 「盾の勇者の成り上がり」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「盾の勇者の成り上がり」シリーズの2巻の感想
  • 「盾の勇者の成り上がり」シリーズの2巻が読める電子書籍のサブスク紹介

について書いている記事です。

「盾の勇者の成り上がり」シリーズの1巻の感想については、こちらの記事で書いています。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/

あらすじ

《電子版限定オリジナルショートストーリー収録!》異世界リベンジファンタジー、早くも第2弾!
《電子版限定オリジナルショートストーリー収録!》盾の勇者として召喚された尚文がモンスターくじで引き当てたのは、鳥型の魔物「フィーロ」。やがてフィーロは背中に羽の生えた少女に成長する。亜人の娘ラフタリアと天使のようなフィーロ。彼女たちと共に尚文が始めたのは、なんと「行商」だった!?異世界リベンジファンタジー第2弾、ここに始まる!

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

フィーロのクイン型と人型の両方とも可愛いです。

クイン型は、まんまるくて、もふもふ感があり、一度は触ってたみたいと考えるほど。

人型は、背中に羽があり天使のような感じがいいです。

食い意地もあり、我が儘さもあるけど、まだ誕生して日が短いので仕方ない。

ラフタリアは今まで尚文を独り占めができていたのに、フィーロの登場により張り合うようになる場面は、健気で微笑ましさがあり可愛く感じです。

フィーロが剣の勇者を蹴る場面は、笑えるところではあるが、めちゃくちゃ痛そうだと感じた。

さいごに

今回の記事の「盾の勇者の成り上がり」シリーズの1〜15巻は、2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

無月黒羽
無月黒羽

期間が短いので、注意してください

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/
無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました