「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた (ファンタジア文庫) / 御手座祀杜」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」のあらすじ
  • 「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」の感想
  • 「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」が読めるサブスク紹介

について書いています。

「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」のあらすじ

いまどきオタクの美少女たちを創作活動でみちびけ!?
山繭旁は高校の休学期間を経て再び古巣である《現代コンテンツ表現調査部会》の扉をあけた。だがそこは、美少女たちが楽しくアニメやゲームのオタトークを繰り広げるぬるーくてがーるずな部活空間と化していて!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」の感想

休学期間を終えて、《現代コンテンツ表現調査部会》に戻る山繭旁。

以前とは違う部活空間になっている。

休学期間中に何があったのかと困惑する中で、メルカにアキナにイシスに勘違いされて、変な展開になるのが面白い。

話を聞かずにどんどん進んでいくが、主にメルカが突っ走っている気がして、天真爛漫な雰囲気を醸している。

アキナはツンツンしているけど、ある秘密を旁にバレてアドバイスをもらうようになってから、少し照れるところがでてかわいい。

前の部活とは違う空間に慣れた頃に、メルカのコミュ力で、おかしな展開になる。

自然な流れで波乱を呼ぶ感じになるのは凄い。コミュ力が半端ないと面白いことになるのかと。

ジュンコは《現代コンテンツ表現調査部会》に誘われて訪れることになったが、メルカのコミュ力とカナタのトーク力にタジタジになる。

メルカとカナタの2人の勢いは凄まじものを感じる。

創作についてもあったり、オタク知識のネタもあり、やりとりも面白い。

今後どんな展開になるのか楽しみ。

「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」のあらすじ
  • 「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」の感想
  • 「アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた」が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント