「治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~12(MFブックス) /くろかた」の感想

新文芸
新文芸

今回の記事は「治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~」シリーズの12巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズは2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/

今回の記事の内容は
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの12巻のあらすじ
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの12巻の感想
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの12巻が読める電子書籍のサブスク紹介

について書いている記事です。

あらすじ

戦争の終結と、突きつけられる現実。ウサトが選んだ道は!?
魔王を倒し、ついに戦争を終結させたウサト達。 平和な世界を取り戻すことはできたが、ウサト達は悶々とした日々を過ごす。
その原因は、魔王が敗北宣言と共にウサトに託した『スクロール』という、元の世界に帰る事ができるアイテムだった。
『勇者召喚』によって呼び出された理由である“魔王を倒す”という目的を果たしてしまったウサト達ではあるが、この世界で出会った人々との縁も簡単には切れないもの。だが、『スクロール』には使用期限があり、彼らはいつまでも悩んでいるわけにはいかなかった。
そんなウサトを見かねたローズの提案で、ウサトは救命団員全員と話し合い、それぞれの意見をもらう事に。そして、ついに出したウサトの結論とは——!?
常識破りのドタバタコメディ、ついに完結!!

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

魔王を倒し、カズキにスズネ、ウサトの役目が終わる。

「元の世界に帰るか」「このまま残るか」の選択が待っていてウサトは思い悩む。

らしくない感じがするが、ウサトにとって2つとも大事だからこそ悩む。

決断を待つのに耐えられなくなったローズが、1日訓練を潰してまで、ウサトに付き合う。

救命団とのやり取りの場面は、それぞれの思いをウサトにぶつけるのが、涙が出るほど感動した。

最後の締めくくりは、ローズとの殴り合い。

師弟関係の2人らしさがある。

新キャラのキーラが可愛い。

スズネが暴走気味になるほどの反応を見せて、コーガは唖然となる場面は面白い。

キーラは闇魔法の制御の訓練をウサトが見ることになり、フェルムから日記帳をもらい書いていくけど、2日目の文章を読んで想像して笑ってしまった。

このシリーズもこれで終わりかと思うと淋しい気持ちがあるけど、読んでいて楽しい時間がすごせたので満足です。

アニメ化決定しているので待ち遠しいです。

さいごに

今回の記事の内容は
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの12巻のあらすじ
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの12巻の感想
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの12巻が読める電子書籍のサブスク紹介

アニメ化を決定されたので、いつ放送されるのかが、楽しみにしている作品。

「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズは2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/
無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました