「待ち合わせは理科室で (角川ビーンズ文庫) / 油木栞」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は待ち合わせは理科室で」の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 待ち合わせは理科室で」のあらすじ
  • 待ち合わせは理科室で」の感想
  • 待ち合わせは理科室で」が読めるサブスク紹介

について書いています。


待ち合わせは理科室で」のあらすじ

らくがきが結ぶ、はじめての恋――まさかの切なすぎるラストに泣きキュン!
苦手な理科の授業中に理緒が見つけたひそかな楽しみ――それは、”K”という男子との机でのらくがき交換。”K”候補、サッカー部の桐生君と近づく中、大嫌いなはずだった理科教師、榎本先生とのキョリも急接近!?

引用元:BOOK☆WALKERより

待ち合わせは理科室で」の感想

理緒は苦手な理科で退屈をしていて、フッとしたらくがきをする。

返事がないのが当たり前だと思っていたら、返事があって”K”と交流を深める。

少しずつ心境の変化があり、微笑ましさを感じる。

“K”の候補である桐生とも出会い、苦手な理科の担当の先生である榎本とも、仲を深めていく。

榎本とのやりとりは、先生と生徒という間柄ではあるが、生徒思いのいい先生すぎて凄い。

先生になったキッカケも知ることができて、憧れを抱いて自らも同じような先生になっている。

理緒の”K”に対する恋心はキュンとさせてくれて、甘酸っぱい感じもある。

待ち合わせは理科室で」が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は待ち合わせは理科室で」の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 待ち合わせは理科室で」のあらすじ
  • 待ち合わせは理科室で」の感想
  • 「待ち合わせは理科室でが読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント