「五人一役でも君が好き (MF文庫J) / 壱日千次」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻の感想
  • 「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻のあらすじ

好きな人が五人で一人のフリをしていたので、全員カノジョにしようと思う。
(あ、高校生活、終わった……)
入学早々に肥だめに落ちて死にかけ、絶望していた僕を救ってくれたのは、誰もが憧れる完璧な生徒会長、近衛・R・知佳さん。
当然のように恋に落ちた僕は、彼女の隣に並ぶため、そこから猛烈な努力を始める。
学校底辺の成績から学校トップへ。猛勉強のすえ、なんとか会長の補佐になることができた。
だが、僕はそこで知ってしまう──完璧な会長の姿は、実は特技の違う五つ子が五人一役で演じていた虚像だったのだ!
僕が好きだった彼女は存在しないのだろうか?
そうじゃない。好きな人が、五人に別れただけだ。だったら──

好きな人が五人で一人のフリをしていたけど、気づかないふりをして全員彼女にしようと思う。

【電子限定!書き下ろし特典つき】

引用元:BOOK☆WALKERより

「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻の感想

近衛5人姉妹はそれぞれの得意な分野で、入れ替わりながら完璧な生徒会長をしている。

周りに違和感を与えず、こなしているのは凄い。

少しでもボロが出れば、バレる恐れもあるのに。

大河は最初救ってくれた知佳を好きになったが、ある時に近衛5人姉妹のことを知り、それぞれと接するうちに、全員を好きになる。

思い悩む中で、クラスメイトの会話によって、解決策を見いだす。

ただ、解決策がぶっ飛んでいて面白い。

近衛5人姉妹はそれぞれ個性が違い、デレるポイントも違っていて、大河とのやり取りが微笑ましい。

デレるところはかわいくて癒される。

五人姉妹が大河のことを好意を抱いているから、今後はどんなふうに展開されるのか楽しみです。

「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年4月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻の感想
  • 「五人一役でも君が好き」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント