「クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です2 (角川スニーカー文庫) / 七星 蛍」の感想

男性向けラノベ
男性向けラノベ

 この作品は前々から気になっていたのです。BOOK☆WALKER読み放題で期間限定で読めることを知り、1巻は既に読みました。

 1巻では、もう既に恋人同士の誠司と琴音はそれを周りには隠していた。ある時に、琴音が窮地に陥いたのを誠司が救う。この時の誠司はカッコよかった。

 部活の方は、琴音に誠司の後輩・かぐやが加入して賑やかになる。かぐやはウザカワな後輩なんだけど、誠司とはラノベ好きで繋がっている。本について語り合えるのは羨ましいです。しかも、可愛い後輩ってのが。

 今回は続きの2巻の感想を書いていきます。

あらすじ

選択ボッチの誠司とクラス一のハイスペック美少女琴音は、皆に隠れた恋人同士。付き合い出してから初めてのGWは琴音にモデルの仕事が入ってしまい、文芸部の後輩・姫島かぐやと一緒にカフェのバイトをすることに。人懐こくてラノベ好きのかぐやは、バイトにテスト勉強にと一気に距離を縮めてくる。
ある時かぐやが友達に「彼氏がいる」と嘘を吐いていることを知り、さらに「先輩に彼氏になってもらいたいんです」とお願いされてしまい……。一方琴音は「そういう優しいところが誇らしいんだよ」と甘やかしてきて――。
付き合ってるからこそ、離れている距離がもどかしい。
カレカノ青春ラブコメ第2弾!

引用元:版元ドットコム

感想

 誠司とかぐやは先輩後輩の関係だが、糸井先生と絹川先生の関係も先輩後輩の関係で微笑ましく感じる。どういう風に出会ったのかとかが気になるところ。糸井先生曰く絹川先生は天然姫って、どんなのかなと考えてしまう。

 誠司と妹の美玖の掛け合いもほのぼのとしてニヤつく。誠司は琴音のことを本当に好きなのも、誠司と妹の美玖の掛け合いでわかる。

 かぐやのお願いでゴールデンウィークにバイトをすることになった誠司。琴音はモデルのお仕事。かぐやの親戚・道和はフレンドリーな感じで親しみを感じる。最終日に琴音が誠司たちのバイト先に来訪して、その流れで3人で遊ぶことに。琴音とかぐやはバイト先では言い合いしていたのに、カフェではキャッキャウフフしている。ウィンドウショッピングの時に琴音がかぐやを着せ替え人形のようにしたのがニヤついた。

 かぐやと図書室でテスト勉強をする。そこに、琴音も近くの席にいて、嫉妬しているところが可愛い。

さいごに

 今回の巻はかぐやが主役で、誠司に対してのアプローチするけど、もうすでに琴音と恋人なので勝つことはない気がする。新たなキャラも出てきたので、今後どう展開されるのが気になる。

 1巻よりも2巻の方が面白さがあり、続きが読みたくなる作品でした。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました