「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件 (ファンタジア文庫) / 赤金武蔵」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズの1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズの1巻の感想
  • 「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズの1巻のあらすじ

素直になれない二人の、焦れったくも甘々なラブストーリー
 16歳になる年の4月22日に、左手薬指に現れる赤い糸。それは、世界のどこかにいる運命の人に繋がっており、その相手と結ばれれば必ず幸せになれるという。

 真田暁斗の赤い糸が繋がっていたのは、顔を合わせれば喧嘩ばかりのクラスメイト・久遠寺梨蘭。互いに“嫌われている”と思い込む二人の関係は、赤い糸で結ばれても何一つ変わらない……はずだった。
「アンタは一生ッ、私だけを見てればいいのよ!」
 赤い糸の力で、隠していた好意がダダ漏れに!? 実は、これまでの言動は全て照れ隠し! 運命の人になったことで、素直になれない梨蘭の本当の想いを知ることに……。
「…暁斗、暁斗。いつか、名前で呼んでほしいな……」
 不器用な美少女とちょっと鈍感な少年が織りなす、“大好き”が溢れて止まらない、甘くて焦れったい恋の物語。

引用元:BOOK☆WALKERより

「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズの1巻の感想

真田暁斗と久遠寺梨蘭はよく喧嘩をしている者同士が、「運命の赤い糸」で結ばれる。

嫌ならば避ければいいのに、自ら暁斗に突っかかているところがある。

ツンツンしている梨蘭だが、かわいさを感じる。

素直になればいいのに、なれない梨蘭は、照れるとさらにかわいさが増して癒される。

喧嘩ばかりするけど、竜宮寺璃音にイジられると、息がぴったりなところが微笑ましい。

お互いがお互いを嫌いと思っているけど、仲睦まじい雰囲気がある。

真田琴乃は暁斗の妹だが、大学生とかに間違われるほどの容姿をしていて、兄離れをしていないところはかわいい。

兄妹仲がよく、やり取りは面白く和む。

ショッピングを兄妹で行くのは微笑ましい。

璃音が暁斗と琴乃が目撃し、梨蘭に電話で報告する場面は、2人が兄妹だと知らなければ、勘違いをすると思う。

ただ、梨蘭も勘違いをして、琴乃がイジるをするところは笑える。

しかも、爆弾発言で自爆する梨蘭が照れるのがかわいい。

「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年4月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?」シリーズの1巻の感想
  • 「あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました