「冴えない彼女の育てかた6(ファンタジア文庫) / 丸戸 史明」の感想

interests
interests
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻の感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻のあらすじ・感想

あらすじ

それぞれの思いを乗せて、ついに同人ゲーム完せ……あれ?
紆余曲折の末、詩羽とともにシナリオを完成させた倫也。あとは原画を残すのみ!だが、シナリオ追加の影響で英梨々のスケジュールが大ピンチ!!しかも、恵に告白する男子が現れ……ゲーム、本当に完成するの!?

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

着実に倫也たちの同人ギャルゲームが完成に近づく。

美智留も倫也に引きずり込まれただけなのに、ちゃんと音楽担当の役割を果たしている。

恵はサークル内のキーパーソンらしい動きを見せる。

情熱を持って同人ギャルゲーム制作をする姿は倫也みたいな感じ。

元々、恵はフラットな感じなので、倫也みたいな感じではないのがいい。

ただ、告白されたこととかで倫也たちを混乱させたところは面白い。

英梨々が那須高原の別荘でカンヅメをする決断をし、イラストを仕上げるが熱を出す。

そこに、駆けつける倫也を伊織が手助けをする。

道中での会話のやり取りは感動する。

悪役を気取ってる伊織に、「らしく」ないと言われる倫也は、確かに今までとは違う感じはする。

今までならば、情熱と行動力でなんとかしてきた倫也だったから。

伊織って本当に悪役になりきれないお人好しさんです。

英梨々と倫也のやり取りも感動する。

幼馴染だから歴史があり、いろんなことがあったんだからこそ、仲違いしてしうところは切ないけども。

仲違いしていながらも、サークルに参加している英梨々も凄い。

でも、恵は英梨々と倫也は仲直りが出来ると予言めいた発言をしている。

トラブルを乗り越えたと思いきや、また新たなトラブルが起きる。

今後の展開がハラハラドキドキして気になる。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻は2021年11月末までの期間限定で、BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


さいごに

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻の感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました