「芦屋ことだま幻想譚 (マイナビ出版ファン文庫) / 石田 空」の感想

ライト文芸・キャラ文芸
ライト文芸・キャラ文芸

kindle unlimitedのライト文芸・キャラ文芸で面白そうな作品はないかと探していたら、石田空さんの作品が気になり読んでみること。

石田空さんの作品もマイナビ出版ファン文庫作品も初なのでワクワクしながら読みました。

私は1日1冊の本を読んで、ブログに感想を書いています。

今回の記事は、石田空さんの「芦屋ことだま幻想譚」の感想です。

あらすじ

ハウスキーパーの北村茜は、芦屋にある大きな日本家屋の家に派遣された。
そこに住んでいるのは変わりもの小説家・蘇芳望だった。
彼のところで働き始めて数日経った朝、最近近所で起きているボヤ騒ぎのことで警察がやってきた。
実は蘇芳は副業で“言霊遣い”をしており、暴走した言霊(言禍)が巻き起こす事件を解決していた…!

ファン文庫大人気シリーズ『神様のごちそう』の著者が描く、現代ダークファンタジー開幕!

言霊が具現化し禍(わざわい)を引き起こす――

引用元:版元ドットコムより

感想

言葉とは、時に人を傷つけ、時に人を助ける。ということを胸に刺さる作品でした。

蘇芳望が語る言葉の数々が感銘を受ける。

言霊の具現のモチーフが童話ってところがわかりやすく読みやすい。

本当に言葉の重みを考えさせられた。

私としては誰かを救う言葉を使いたい。そんな気持ちになりました。

さいごに

石田空さんの過去作品の「神様のごちそう」シリーズも気になる。

1冊の本から無数の読みたい本が生まれるから不思議な感じ。

kindle unlimitedではいろんな本に出会えるサブスクです。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました