「治癒魔法の間違った使い方~戦場を駆ける回復要員~5(MFブックス) /くろかた」の感想

新文芸
新文芸

今回の記事は「治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~」シリーズの5巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事では
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの5巻のあらすじ
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの5巻の感想
  • 「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズの5巻が読める電子書籍のサブスク紹介

について書いている記事です。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/

あらすじ

甦った邪竜!ウサトの運命やいかに!?
書状渡しの旅の途中で助けた少女・ネアに嵌められたウサトたち。襲い掛かるゾンビをものともしないウサトに対し、ネアは古の魔物・邪竜を蘇らせる。戦いの末、追い詰められたネアが選んだとんでもない行動とは!?

引用元:BOOK☆WALKERより

感想

ネアのドジっ子なところは可愛いけど、邪竜を目覚めさして、村の危機に陥いるようになる。

ウサトが邪竜と対峙して頭から血が出ている時に、アマコの方を見て「こわっ⁈」って言われるところは笑えます。

ネアがウサトたちを狙ったのには理由があるけど、一人で外の世界へ行けば淋しい思いをしなくてよかったのでは?と感じた。

ネアは自らウサトの使い魔になり、仲間になるが、アマコとは犬猿の仲で、騒がしくなる。

フクロウの姿になりウサトの肩に乗るネアが可愛い。

ローズの過去が語られている書き下ろしは、悲しくもあり感動もします。

12歳で治癒魔法を使って、身体を鍛えていたローズは、やはり規格外な方です。

昔の部下を亡くして、地獄の訓練を行うほどのローズが、1ヶ月ほどふさぎこむのは人間味がある。

さいごに

今回の記事の「治癒魔法の間違った使い方 〜戦場を駆ける回復要員〜」シリーズは2021年9月末までBOOK☆WALKERの読み放題で読めます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

BOOK☆WALKERの読み放題では、「文庫・ライトノベル読み放題」「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、15000作品以上が読める。

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

ライトノベルが豊富にあるので、よく読む方には、オススメです。

シリーズ全巻が読める作品もあります。

  • 枯野瑛さんの「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」シリーズ全巻
  • 海冬レイジさんの「機巧少女は傷つかない」シリーズ全巻
  • 宇野朴人さんの「天鏡のアルデラミン」シリーズ全巻

上記以外にも作品も多数あり、読むことができます。

\月額840円(税込)で15000作品以上が読める!/
無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました