「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4」の感想

男性向けラノベ
男性向けラノベ

 今は、ブックウォーカーの読み放題にて1〜5巻まで読めます。

 アニメ化もされて、4期製作が決定している作品。

 ブックウォーカーで前に割引きがされていたのでまとめて購入しました。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4

あらすじ

「「「「Lv.2~~~~~~!?」」」」

先のミノタウロス戦での勝利により、Lv.2到達、世界最速兎(レコードホルダー)となったベル。

一躍オラリオ中の注目・羨望を集めることとなった少年の元には、仲間への勧誘が絶えない。

廻り巡る環境。そんな折――

「俺と契約しないか、ベル・クラネル?」

偶然にも自身の装備《兎鎧》を創った鍛冶師のヴェルフと出会い、仲間を組むことに。

しかも、彼は圧倒的な力を誇る《魔剣》唯一の創り手らしいのだが……?

犬人ナァーザ、そして女神ヘスティア、ベルが交わした2つのアナザーエピソードも収録!

これは、少年が歩み、女神が記す、

── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

引用元:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4」

感想

第1部が3巻で終わり、4巻から第2部が始まる。

神様同士でレベルアップした子供達に二つ名を与えるんだが、これがほとんどが痛い名前なのだ。ベル・クラネルには「リトル・ルーキー」に。

ミノタウロスとの戦いで防具が傷んたから新調しに行き、そこでヴェルフと出会い仲間になる。

4巻では2つの短編エピソードが書かれてる。

ミアハファミリアのナァーザとのエピソードとベルがヘスティアと出会って間がないころのエピソード。

この2つの短編もベルの素直さが滲み出ていて楽しめた。

最後に

次の巻でダンジョンの中層へ行くのでかなり楽しみです。

アニメの方もまた視聴しようと思います。

原作とアニメの違いを味わうために。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました