「幼女先輩とゲームでおしごと (ファミ通文庫) / 日の原裕光」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は幼女先輩とゲームでおしごと」の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 幼女先輩とゲームでおしごと」のあらすじ
  • 幼女先輩とゲームでおしごと」の感想
  • 幼女先輩とゲームでおしごと」が読めるサブスク紹介

について書いています。


幼女先輩とゲームでおしごと」のあらすじ

新人プロゲーマーの頼れる相棒は10歳の天才子役様!?
地方のゲーム大会で優勝し、晴れてプロ入りした飯野瞬。どうにかゲームで自立したいと考えていた瞬に舞い込んだおいしい仕事。それはコンビを組んでのリーグ戦への参戦だった。しかしコンビ相手はアマチュアでTVでよく見る天才子役・長内梨那! 本当に格闘ゲームできるのか? という瞬の心配をよそに「こう見えて勝負ごとは好きなんです。勝ちにいきます!」と意気込む梨那は、忙しい仕事のなか瞬の家をまめに訪ねてきて――。彼女の真の目的は何なのか? 人生をゲームに賭けた少年と幼女のお仕事コメディ、ラウンド1fight!

引用元:BOOK☆WALKERより

幼女先輩とゲームでおしごと」の感想

プロゲーマーとして駆け出しの猪野瞬は、天才子役長内梨那とダックを組んで、格ゲーのリーグ戦に挑む。

格ゲーに関する知識とかも語られていて、読み応えがある。

梨那は子役なだけに子供顔負けな雰囲気があって、小悪魔な感じの時もある。

ただ、可愛らしさもある。

瞬の幼なじみの古川麗は天然なところがあってやりとりが面白い。

特に、梨那とのやりとりは笑えるとともに微笑ましい気持ちになる。

瞬と梨那は格ゲーのリーグ戦に取り組む中で、距離も近づきお互いがお互いを成長させているから、今後も楽しみです。

さらに、関係性なども気になるところです。

幼女先輩とゲームでおしごと」が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は幼女先輩とゲームでおしごと」の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 幼女先輩とゲームでおしごと」のあらすじ
  • 幼女先輩とゲームでおしごと」の感想
  • 「幼女先輩とゲームでおしごとが読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント