長沢樹さんの消失グラデーションが2021年の200冊目に読んだ本

一般文芸・純文学
一般文芸・純文学

今年読んだ200冊目の本は、長沢樹の「消失グラデーション」です。

数年ぶりのミステリー小説でした。

ラノベを中心に読んでいたので、読了には時間がかかりました。

感想

「消失グラデーション」は、青春小説の要素もあり、ミステリー小説の要素もあり、自分好みの作品でした。

読んでる間中、「これからどうなるの?」と思いながら楽しい時間が過ごせた。

読後感は、「おぉ!これは自分好みだ!」と心の中で叫んだ。

次回作も楽しみで仕方ない。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました