「しあわせ食堂の異世界ご飯3(ベリーズ文庫)/ぷにちゃん」の感想

女性向けラノベ・TL小説
女性向けラノベ・TL小説

私は1日1冊の本を読んで、ブログに感想を書いています。
ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は、「しあわせ食堂の異世界ご飯」シリーズの3巻の感想ブログです。

1巻から読んでいたシリーズで、出てくる料理が美味しそうなのです。

あらすじ

料理が得意な平凡女子が、突然王女・アリアに転生!? お料理スキルを生かし、崖っぷちの『しあわせ食堂』で働くことに。アリアのおかげで店は大繁盛! お忍びで通う皇帝・リントのとの距離も縮まっていく。新メニュー『おでん』をはじめ、ますます人気の食堂だが、ある日、迷子の女の子・リズがアリアに弟子入り志願をしてきて…!? 続々重版の人気シリーズ第三弾!

引用元:Amazonより

感想

今回はアリアとリントの胸キュンするような展開は少なめで、新キャラのリズが登場します。

リズが可愛らしい女の子で、アリアのことを「アリアお姉さま」と呼んだり、6歳なのにしっかりしている。

アリアの弟子になり、父親のためにシフォンケーキを作ろとするなんて、なんてできた子なんだと思った。

ほのぼののした「しあわせ食堂」の日常が主にストーリーが展開されるが、アリアが作る料理はすべて美味しそうで、夜中にこの作品を読むと腹が減る。

今後、リズの料理の成長も気になるし、リントとアリアとの関係も気になる。

さいごに

「しあわせ食堂の異世界ご飯」シリーズ全巻、kindle unlimitedにて読める。

その他にも、ベリーズ文庫作品もあります。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました