「しあわせ食堂の異世界ご飯2 (ベリーズ文庫) / ぷにちゃん」の感想

女性向けラノベ・TL小説
女性向けラノベ・TL小説

私は1日1冊の本を読んで、ブログに感想を書いています。
ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

女性向けラノベは、男性が読んでも、大丈夫な作品もたくさんあります。

今回の記事は、「しあわせ食堂の異世界ご飯」シリーズの2巻の感想ブログです。

あらすじ

料理が得意な平凡女子が、突然王女・アリアに転生!? ひょんなことからお料理スキルを生かし、崖っぷちの『しあわせ食堂』のシェフとして働くことに。アリアのおかげでお店は大繁盛!お忍びで通っていた冷酷な皇帝・リントの胃袋もわし掴みにしてしまう。次第に距離が縮まるふたりだが、ある日王宮からお茶会の誘いが届いて…!?

引用元:Amazonより

感想

アリアの料理に対する愛があり、出てくる料理が美味しそうで、お腹が空いてしまいそうになる。

リントとの甘々な感じもいいです。
不意打ちにアリアがデレるところは、可愛く感じて仕方がない。

シャルルはアリアの侍女だけではなく、騎士にもなったのは、異例なんだけど信頼と絆を感じる。
アリアとシャルルの関係も微笑ましい。

カミルはアリアに気がある感じだ。
父親が料理人をしていたから、料理のセンスもあるっぽいので、今後は料理でも活躍するのか、楽しみです。

4人の妃候補のキャラもよかった。
特に、セレスティーナとローズマリーが。

しあわせ食堂の日常を主に描かれているからほのぼのとしている。

さいごに

ぷにちゃんの他の作品も気になっています。
その他にもたくさんの女性向けラノベを読んでみたいと思う。

kindle unlimitedでは、ラノベや一般文芸やビジネス書や漫画が読めます。

スポンサーリンク
\mutukikurohaをフォローする/
スポンサーリンク
日々雑記

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました