「妹さえいればいい。9(ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

interests
interests
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「妹さえいればいい。」シリーズの9巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「妹さえいればいい。」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの9巻の感想
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「妹さえいればいい。」シリーズの9巻のあらすじ

「お兄ちゃん!!」

相生初に続き、第15回新人賞受賞者たちの作品が続々と刊行された。那由多に憧れる笠松青葉もどうにかデビューを果たすのだが、待っていたのは酷評の嵐だった。伊月はそんな彼女の姿に自分のデビュー当時のことを思い出し、励ましの言葉をかける。一方、いよいよ放送が近づいてきた『妹のすべて』のアニメ制作ではさらなるトラブルが相次ぎ、京はいよいよ就職活動が始まり、千尋の前にもお掃除ロボットではなくちゃんと人間のライバルが登場する。大人気青春ラブコメ群像劇、妹がいっぱいの第9弾登場!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズの9巻の感想

青葉がきららとデビュー作の打ち合わせをするが、聞く耳を持たずにそのまま刊行することになり、悪評に心が折れかける。

那由多のことを憧れていて、自分の書いた小説が優れていると思っていたから、ショックを受けるのは仕方ない。

それを救ったのが伊月ってのが因果だと思ってしまう。

那由多も伊月の作品と人物に救われているから。

作品でも救い、言葉でも救うのは伊月がカッコいい。

ただ、青葉に「お兄ちゃん」と呼ばせる伊月はらしいと思う。

京は那由多、蚕とルームシェアをしているが、那由多の面倒をみているところは、やはりそうなったかと思う。

可愛い妹みたいな友達だから、那由多と蚕の世話をするんだろうな。

京が帰ってくると那由多が服を脱がすのが自然になってしまっているのが面白い。

蚕のモデルもしっかりやっているところも。

就活で苦戦をする京だが、生活面では輝いているとは思う。

那由多は生活面では全くダメで、蚕は仕事でなかなか家事ができないのだから。

ただ、宮は2人と比較してしまい過小評価している部分がある。

もっと、自信持てばいいのにとは思うけど、周りが才能と努力で輝いてるから、持つのも大変なのかも。

木曽の孫・撫子が可愛すぎる。

人見知りもせず、人懐っこいから余計に感じる。

伊月も天使みたいに可愛がるぐらい。

そして、千尋が嫉妬するぐらい。

TRPGの最終局面での場面、土岐が伊月たちのプレイをお酒を飲みながら鑑賞するが、ある問題を知っているためハラハラドキドキしながらなんだろうなと思うと面白い。

そして、千尋の爆弾が爆発する。

青葉や撫子のことやいろんな悩みを抱えていた分、誤爆のような感じにはなった気がする。

今後の伊月がどうなるのか気になるし、那由多に京、春斗はどうなるのか気になる。

那由多に京、春斗はしっかりと受け入れて、普通にみんな仲良くして欲しいという願望がある。

「妹さえいればいい。」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

「妹さえいればいい。」シリーズは、BOOK☆WALKERの読み放題で2021年11月末までの期間で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


さいごに

今回の記事の内容は

  • 「妹さえいればいい。」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの9巻の感想
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

「妹さえいればいい。」シリーズ8巻の感想について、詳しくは下記をご参考にしてください。

関連>>>「妹さえいればいい。8(ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

関連記事

平坂読さんの作品「妹さえいればいい。」のシリーズをまとめた記事は、下記をご参照ください。

関連>>>ラノベ「妹さえいればいい。」シリーズまとめ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました