「妹さえいればいい。 (ガガガ文庫) / 平坂 読」の感想

interests
interests
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「妹さえいればいい。」シリーズの1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「妹さえいればいい。」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの1巻の感想
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「妹さえいればいい。」シリーズの1巻のあらすじ

“はがない”の平坂読が放つ衝撃作!!

「アマゾンレビューは貴様の日記帳ではない!」
 荒ぶる小説家・羽島伊月は、未だ見ぬ究極の妹を創造すべく日夜奮闘する現代のピグマリオンである。彼の周りには、作家やイラストレーターや編集者や税理士など個性的な人々が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。闘志を秘めたイケメン王子、不破春斗。人生ナメてる系天才イラストレーター・ぷりけつ。頼れるけど頼りたくない鬼畜税金セーバー・大野アシュリー。闇を抱えた編集者・土岐健次郎――。
それぞれ迷いや悩みを抱えながらも、ゲームをやったり旅行に行ったりTRPGをやったり、たまには仕事をしたりと、賑やかで楽しい日常を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、ある重大な秘密があって――。

各界から絶賛の声多数(本当)! 『僕は友達が少ない』の平坂読が放つ、日常ラブコメの到達点にしてライトノベル界の現実を赤裸々に晒す衝撃作。言葉の鋭刃が今、世界と担当編集の胃に穴を穿つ――!!!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「妹さえいればいい。」シリーズの1巻の感想

伊月や春斗、那由多のラノベ作家のやり取りや伊月と千尋のやり取り、伊月と那由多のやり取り、那由多と京のやり取りが楽しめる。

時に感動的なやり取りもあったりするので、不意打ちをくらってしまう。

伊月は家事力がないから千尋が面倒をみている場面は微笑ましい気持ちになる。

伊月はエアコンが壊れたからって、沖縄に那由多、京と行くし、刹那が「いくらが食べたい」で北海道に行く。

短いスパンで南に北に行くという面白さ。

那由多は過去に悲惨なイジメにあい、伊月の小説で救われた話は感動。

伊月との初対面がアレなんだけど、好きな気持ちに一途さを感じて応援したくなる。

京を姉のように慕う那由多の健気さは可愛い。

那由多に変わって本気で怒って泣いてくれたことで、京のことを慕い好きになったから見ていてほのぼのとする。

春斗の妹はツンデレなのか?って思う場面が多い。

それを鬱陶しく感じている春斗だが、ラノベ作家として天才の伊月と那由多に嫉妬し、超えてやるという情熱がヒシヒシと伝わる。

クリエイターものの群像劇なので、それぞれキャラの視点があり、葛藤や嫉妬、恋愛模様などが描かれている。

今後の展開が気になるとともに、TRPGの方もどうなるかが楽しみ。

「妹さえいればいい。」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

「妹さえいればいい。」シリーズは、BOOK☆WALKERの読み放題で2021年11月末までの期間で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


さいごに

「妹さえいればいい。」シリーズ以外の平坂読さんの作品

  • 「ソラにウサギがのぼるころ」シリーズ
  • 「ホーンテッド!」シリーズ
  • 「ねくろま。」シリーズ
  • 「ラノベ部」シリーズ

過去作もBOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

気になる作品もあるので、読んで感想を書きたいと考えています。

今回の記事の内容は

  • 「妹さえいればいい。」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの1巻の感想
  • 「妹さえいればいい。」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

平坂読さんの作品「妹さえいればいい。」のシリーズをまとめた記事は、下記をご参照ください。

関連>>>ラノベ「妹さえいればいい。」シリーズまとめ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました