「薬屋のひとりごと」の日向夏の全作品紹介!

interests
interests
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「薬屋のひとりごと」の日向夏の全作品紹介!のブログです。

2012年に小説家になろうで投稿していた『薬屋のひとりごと』が書籍化されデビューし、2種類コミカライズされています。

「薬屋のひとりごと」で有名ですが、他にもライトノベルやライト文芸もあります。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 日向夏のライトノベル作品
  • 日向夏のライト文芸

について書いています。

スポンサーリンク

日向夏のライトノベル

ライトノベルの作品は

  • トネリコの王(ヒーロー文庫、2013年8月31日 – 2014年6月27日、全2巻)
  • 緋凰仙華 いつわり仙女は拘束中(一迅社文庫アイリス、2013年10月19日、全1巻)
  • 薬屋のひとりごと(ヒーロー文庫、2014年8月29日 – 刊行中、既刊11巻)
  • 路地裏の精霊姫(一迅社文庫アイリス、2014年11月20日、全1巻)
  • 女衒屋グエン(星海社FICTIONS、2018年9月20日、全1巻)
  • 迷探偵の条件(MF文庫J、2021年10月25日)

です。

トネリコの王

2巻まで刊行されています。

関連>>>「トネリコの王(ヒーロー文庫)/日向 夏」の感想

関連>>>「トネリコの王 2(ヒーロー文庫) / 日向 夏」の感想

トネリコの王

トネリコの王(2)

緋凰仙華 いつわり仙女は拘束中

薬屋のひとりごと

2種類のコミカライズがされていて、11巻まで刊行されています。

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと2

薬屋のひとりごと3

薬屋のひとりごと4

薬屋のひとりごと5

薬屋のひとりごと6

薬屋のひとりごと7

薬屋のひとりごと8

薬屋のひとりごと9

薬屋のひとりごと10

薬屋のひとりごと11

路地裏の精霊姫

女衒屋グエン

迷探偵の条件1

日向夏のライト文芸

ライト文芸は

  • 繰り巫女あやかし夜噺(マイナビ出版ファン文庫、2016年11月18日 – 2018年5月21日、全2巻)
  • カロリーは引いてください! 〜学食ガールと満腹男子〜(富士見L文庫、2017年5月15日、全1巻)
  • なぞとき遺跡発掘部(小学館文庫キャラブン!、2018年2月22日 – 2019年4月5日、全3巻)

です。

繰り巫女あやかし夜噺

2巻まで刊行されています。

繰り巫女あやかし夜噺~お憑かれさんです、ごくろうさま~

繰り巫女あやかし夜噺~かごめかごめかごのとり~

カロリーは引いてください! 〜学食ガールと満腹男子〜

なぞとき遺跡発掘部

3巻まで刊行されています。

なぞとき遺跡発掘部~卑弥呼様はどちらにいますか?~

なぞとき遺跡発掘部~甕棺には誰がいますか?~

なぞとき遺跡発掘部~弥生人はどう眠りますか?~

さいごに

「薬屋のひとりごと」が有名ですが、他にもあり気になった作品があればと思い、日向夏さんの全作品をまとめてみました。

新刊が出るたびに更新していきます。

今回の記事の内容は

  • 日向夏のライトノベル作品
  • 日向夏のライト文芸

についてでした。

無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました